knuckle punch

季節感

もうすっかり春!

なんて思ってたら、今日は吹雪の釣りだった・・・




4月ですけど?




魚のチェイスはあるのに・・・
喰うのに・・・

とことん掛からない。
いい魚が混じるだけに悔しい。

何が問題かが分からないが、次回までに考えられるだけの対策をしてみよう。

今度は掛ける!






せいいっぱいの一尾。

SDIM0608.jpg


早く雪なくなれ~!

  1. 2012/04/01(日) 21:23:47|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振り返って

先日の釣り、よくよく考えてみた。


山女がルアーを喰う瞬間を何度か目の当たりにした。
なーるほど、そういう事だったのか!

頭で分かってた気でいたが、漸く確信が持てた。
これは青物も同じ理屈と思う。きっと。

遊泳力のある魚は皆こんなんだろうね。

だとすれば、先日穫れなかった魚が穫れるかも?




という妄想しながらあれこれ考えて



寝よっと・・・



  1. 2012/04/04(水) 12:53:00|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪の谷

増水と濁り。
遡行・釣りの出来る限界付近。




今季、誰も踏み入れてないであろう雪の残る谷へ。

車は谷の入り口から進めず、のんびりと歩く。
途中、撃てそうな場所だけ釣りをする。



入渓直後に太いイワナが釣れたが、撮影準備中に脱走・・・



上限と決めた場所に向かう。





さて反応は?




SDIM0698.jpg

お気に入りのスピナーで。

SDIM0715.jpg

力強く太い魚体。




そしてその直後に大きな影。
3度喰い損ねて二度と出てこなくなった。



今度は掛けよう。
  1. 2012/04/07(土) 22:04:42|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でーぷなふたり

沖の青物が熱い!

yasu船長に誘われ沖に出る事にした。



夜が明けた頃に集まる面々。
そこにはでーぷな二人もいた。

青物牧場に向かう我々5人は密かに気分が高揚していた。



チビルマンが来る事を知っていたボクはカッパを2つ用意してきた。
そしてyasu船長も同じ事を考えていた。









P4100013.jpg

3人でお揃い。ぷっしっし!

でも、あとの二人は失笑・・・




で出航。




近くのものが見え難くなった筋肉マン。
ジグの取り付けに苦戦中。

P4100003_20120410121640.jpg


やはり仲良しなのか?

サンダルに靴下履いてきたチビルマン。

P4100002_20120410121639.jpg

ビチョビチョになれば良いのに。








牧場に到着。

今日の主役はチビマサ。
ライトジギングで青物やっつける予定。


んで、ジグを落とせばドンドンドン!
皆ヒットしてる中、ガイドにライン通してるチビルマンは出遅れ。



そしてドラグを出す奴。

P4100006_20120410122541.jpg

そーれー!
メジロげっと!




そんでチビルマンにもドラグを出す奴!
今日のチビルマンは何かが違う!

ドキドキのチビルマンが・・・

P4100008.jpg

ハマちんのスレで頑張ってた。

ついでに血の海で靴下はすでにグッチョグチョ。



素知らぬ顔のチビルマン。でもグチョグチョ。

P4100011.jpg


筋肉マンはチビルマンに

『そろそろ針交換したほうが良いよ。下向いてやったほうがいい』

とアドバイス。

苦戦するチビルマン。

P4100015.jpg

酷い人だ。仲間割れか?チビルマン、酔わないかな?心配だ・・・

そんなチビルマン。

『大丈夫!今日はコーラ持ってきました!ゴクゴクッ』

P4100025.jpg


『えっと・・・黒いほうのコーラやで?』

『・・・』



もう、そっとしておこう。





今度は筋肉マン。

『竿貸して!』

快く差し出したボク。
ジグはチビマサ赤金。本日デビューの子。


1投目、着底を確認した筋肉マンがすぐさまアワセ!
さらに大きく追いアワセ!



それ地球ですけど・・・


新品ジグをロストして、巻き直したばかりのライン高切れ。
35mほど奉納。

さすがに悪く思ったのかノットを組んでくれた。

P4100018.jpg

近くが見え難いにも関わらず親切にFG組んでくれてます!

P4100026.jpg

3回ほどプチプチ切れてましたけど・・・




だめだ、もうこれ以上書ききれない・・・
ネタが豊富すぎる、この二人・・・




  1. 2012/04/10(火) 12:43:41|
  2. オフショア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

春めく渓

一気に春めいた陽気になった。
青空が広がるこんな休日は、釣りに行かずにはいられない。



ただし、川の状況は天気に比例しなかった。

SDIM0777.jpg

大増水に濁流。

いつもの濁らない流れに向かったが、ここでも釣りにならない。



困った・・・



諦めかけて来た道を戻る途中、
今まで全く気付かなかった流れが目に留まった。


行けるかも?


SDIM0753.jpg

でも増水し釣りが出来る場所はほぼ無い。



天気も良いから散歩がてらに雪の上を歩き登る。

SDIM0748.jpg


SDIM0761.jpg


SDIM0757.jpg


春だな・・・




そんで、ほんの少しの撃てる場所。

SDIM0732.jpg

SDIM0729.jpg

この色の子は久々だ。
オレンジが強かった。
そして無邪気。



もう少し水が落ち着いたらもう一度行ってみよう。


  1. 2012/04/12(木) 19:39:10|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乱舞

ライトタックルのみを持って、yasu船長と沖に出た。
そう、奴らを捕獲する為に・・・







大海原に出るや否や
すさまじい大群の海豚が乱舞してた。

なんとなく嫌な空気が流れる。この先どうなる?







本日の主役。

P4170009.jpg

TGチビマサ。

海中に落とすと、いきなり喰われた。

時折、竿を叩くからちょっとドキドキしたが
いいサイズの黒い子だった。

P4170002.jpg






あっ話は変わるが、本日の検証。

P4170003.jpg

サンダルに靴下は本当にビチョビチョになるのか?
試してみる事にした。

結果は最後に。







で、釣りのほうは?

ツバス&ハマちんエンドレス・・・
ひたすらリリース。

どこでも何してもツバス。

ツバス。

ハマちん。

ツバス。

ツバス。

ハマちん。









メジロ!

P4170006.jpg

ハマちん。

メジロ!

ツバス。

ツバス。

ハマちん。

ハマちん。








疲れた。



んー違うコトしよ。鳥山にスーパーウルム!

赤い竿にスーパーウルムの最強タックル。

P4170005.jpg

釣れまくる。

ガンッツンガッツン喰う!


それを見てたyasuたん。
今日は赤い竿を忘れたみたい。

我慢できなかったらしくボクの竿を奪い・・・

P4170014.jpg

一撃。

でも利き手が反対で・・・

やっぱりこうなる。

P4170017.jpg

久しぶりに見たが、逆にムズイと思う。




そして皆満腹。
良く釣れたし釣った。







あ、検証。
サンダルに靴下はビチョビチョになるのか?







『良い子はビチョビチョになりませんでした!』


最後、マリーナで船洗ってる時にはさすがにビチョビチョになったけど。



という事で、AkiさんとMasaくんへ。
『サンダルに靴下OKです!許可します!』





  1. 2012/04/17(火) 23:31:04|
  2. オフショア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『間』

また晴れた。
沢屋くん居たけど晴れた。すごい。

SDIM0808.jpg




今回は前回の反省を生かし、考えられるだけの対策を持って来た。
魚の喰い方を考えた方法。

SDIM0804.jpg




『ジグの特徴を生かしたアクション』、コレが大きな鍵だった。

魅せる、追わせる、喰わせる。



答えは僅かな間にあった。

SDIM0798.jpg

SDIM0794_20120419111408.jpg


魚の補食方法、喰うタイミングが全て同じ。
ほんのコンマ数秒が喰わせの『間』となる。

10本以上釣れた事を考えると、ほぼ間違い無い。



これで大きい魚が出てくれれば完璧だったのだが消えてしまった。
また来年だろうか?

大きい魚といえば、一尾バラしてしまった魚は勿体なかった・・・
狙った魚種ではなかったけど。


まだまだ可能性ってあるんだ。
そう思った一日だった。



  1. 2012/04/18(水) 23:07:29|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤の谷

南からの強い風、そして雨。
久々の悪天候だが、雨の中の釣りは好き。

風の影響の少ない谷を選び上流へ向けて車を走らせる。

透明度の高い流れに期待したが、とつぜん濁流に変化した。
『上で崩れたか?』
危険を感じて引き返した。


撃てる場所を探して局所的な釣りをする。

反応はそこそこ。
結果は出る。

SDIM0818.jpg



やはり移動しようと奥に入る。

やや水が多いが釣りになる。

小さなスポットをコツコツと撃つと元気なイワナが顔を出す。
でっぷりと太った魚体が自然の豊かさを教えてくれる。

SDIM0844.jpg

良いサイズも出たが何より色が印象的。
濃いオレンジの腹に赤い尾びれ。

ここのイワナは全て同じ色と体型。

SDIM0853.jpg

体高もありスタイルがいい。

SDIM0862.jpg

素直な魚が多く、たくさん遊んでくれた。
こんな魚が遊んでくれれば、サイズなんて全く気にならない。




山は緑が増えてきた。
ほんの5日で景色が変わってしまうくらいに。

いい季節になってきた。
  1. 2012/04/22(日) 20:38:54|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

争奪戦

性懲りも無く雨の中、山へ向かった。

夜間の雨は平野部だけだったらしく、水量も水色も昨日と変化は無い。



なんとなくヤマメが釣りたいと思い、まずはそれらしき流れに入った。
流芯にミノーを通すとヤル気なヤマメが顔を出す。

SDIM0876.jpg

魚がつくべき場所につき出すと、渓流はさらに楽しくなる。




でもやっぱりイワナが釣りたい。今は。
きのう濁流だった沢はどうだろうか?

あんなに濁ってた昨日とは打って変わってのクリアウォーター。
奥へ奥へと進む。

昨年秋に大きな魚が見えた流れ。

SDIM0880.jpg

躊躇なく飛び出てくる。

小さな子達が、『わーわーわーっ!』とルアーを追ってくるが、あえて掛けない。
けど、その姿が楽しく何度もルアーを通してしまう。

SDIM0888.jpg

今日も体つきのいい魚ばかり。

SDIM0885.jpg

素直に居るところに居る。

SDIM0897.jpg

たくさん遊んでくれた。



どんどんと奥へ入る。

SDIM0903.jpg

良い流れが次から次へと現れる。

まだまだ奥へ進みたかったが、キリが無いので今日のところは断念。



次の楽しみってコトで。







  1. 2012/04/23(月) 21:36:15|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天性のモノ

春のコウナゴに狂うシーバス。
季節を感じる大好きな釣りのひとつ。




夜明け前に筋肉マンに拉致された。

今日はネタより釣り。
きのう眠る前にそう決めていた。


道中、『ここら辺で下ろしてあげようか?』
などと言われたが今日は『ふふふ・・・』くらいでスルーしといた。
だって運転してもらってるから。


『酔い止めを飲むの忘れた』という筋肉マンに
優しいボクはコーラを手渡した。

赤のコーラだけど。ふふふっ。



これで大丈夫。


yasu船長のボートに乗っかり、夜明けのシーバスに期待した。

鳥山にボイル。海でもっとも興奮する要素が目の前に広がる。



・・・


・・・


やっとこ釣れたシーバスがペペペッ!っとコウナゴを吐き出す。

P4240001.jpg

筋肉マンが喰うというからコウナゴはキープしてあげた。



そしてここからだった。

全く頼んでもいないのに・・・

『スナップが折れた』

普通は折れない。魚が掛かってた訳でもないのに。

『バラした』

『バラした』

それ本当に魚?

で、極めつけ。

『折れた』

何が?

P4240004.jpg


P4240002.jpg

グリップエンドがポッキリ。
初めて見た。


流石だ。よくもあの短時間でこれだけの・・・





でも久々のシーバスの引き。気持ちいい。

P4240006.jpg

これからがまた楽しみだ。


  1. 2012/04/24(火) 10:10:52|
  2. オフショア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

whozzy

Author:whozzy
たぶん釣り好き

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する