knuckle punch

無事!

玄達から帰ってきましたけど?







本日の明け方。

P7060004.jpg

曇天。
波・風、さほどない。

ほれ見たか!
日頃の行いが良いからね!
ちゃんと玄達行けるんだよ!







玄達到着。

P7060008.jpg

幻想的な風景。
青い砂丘。
そんな感じの見たことの無い風景。
(凄まじい雨によって)



さて、いよいよ始まる!




P7060005.jpg

カッパの耐水テスト。



結果。

靴下履いてこんくて良かった。




P7060013.jpg

雨粒見えるかな?
もはや痛い。

カッパ?
パンツまでびちょびちょですけど。

魚?
玄達には魚は居ないということで・・・。





こんな中、ちゃんとヒラマサ狙って真剣に釣りしてた。
自分を褒めてあげたい。



って感じの一日でした。

おわり。
  1. 2012/07/06(金) 22:02:51|
  2. オフショア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冷水

夜中から朝方に降った雨。
暑く水の多いこのタイミングで山奥へと入ってみる。

標高の高い沢は水温も低く、吹き下ろす風はひんやり。

さて、元気な魚はどこに居るかな?









水が多くて撃てる場所は限られるけど反応はすこぶる良好。
水面から飛び出してまで食らいついた子も数匹。
小さいのから大きいのまで居れば出てくる感じ。

SDIM1669.jpg

異常なまでに太ってた岩魚。
なんとか撮れてたけど、撮影半ばで脱走。
モノクロームのような体色にやたらとオレンジが映えていた。


小さな落ち込みでは大きな魚がルアーの奪い合い。
浅い流れでは体を水面から出して喰らう。
岩魚のヤル気は溢れんばかり。

ちょろちょろな流れでも

SDIM1683.jpg

細いのに体のパーツが大きく立派。
金色に縁取られた大きな青い瞳がとくに印象的。

SDIM1691.jpg

なんとも言えない『ぬぼーっ』とした表情が妙に可愛く
しばらく見とれてしまった。


いろんな岩魚が見れて大満足。
今度は木陰の多い渓に行ってみよ。
  1. 2012/07/12(木) 23:38:14|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぐるっと山ひとつ

真っ青の空だ。

SDIM1741.jpg






時間の少ない午前中は、陽のあたる明るい沢から入ってみた。

落ち込みの奥の奥。
そのまた更に奥に撃ち込むとようやく出てきた。

SDIM1707.jpg

なんとなく岩魚らしくない鋭い顔。

SDIM1704.jpg

小さな頭に似つかわしくない太い体が印象的。




しかし暑い。汗が吹き出る。
日当りが良過ぎる。

耐えられないや。






我慢できずに、木陰のある沢の横でお昼ごはん。

汗が引いたところで横を流れる暗い渓に入ってみた。

SDIM1733.jpg


深い谷に吹き下ろす風は涼しく気持ちがいい。
頭上に被さる木々が光を遮ってくれる。

さっきまで陽のあたらない場所を探していたにも関わらず、今度は木漏れ日を探してみたり。

SDIM1717.jpg






肝心の魚は影は見えるものの追いが悪い。
辛い日かな?


それでも最後の最後でようやく。

SDIM1718.jpg

大きくないけど健康体。
ほっと一息。




さてと。

エアコンの効いた車に乗り込み、山をぐるっと移動。
道中にある温泉に浸かり汗を流した。


さっぱりしたところで更に山をぐるっと周り、釣りをしていた場所の真裏側。

今日はここがベースとなる。







暗くなる前に一通りの準備をして夕食。

満腹になったところで炎を眺める。

SDIM1755.jpg

炎って色んな表情をみせるから飽きない。
少々風が吹いていたこの夜は、炎もちょっと暴れん坊。

焚火を早々にやめて、ふと空を見上げると無数の星。
小さなランタンの光量をおとした。

SDIM1753.jpg



屋根の無い空間は遮るものが無い。

澄んだ空気のなかに、一年ぶりに見た天の川。
ふと横を見れば今度は一匹の蛍。

真っ暗闇の中にも、光は意外とあるもんだ。









完璧な寝床に快眠し、更に二度寝。




起きて外に出れば夏の空。

SDIM1758.jpg

山上の朝は気温もそれほど高くなく、木陰とそよ風で過ごしやすい。

朝食を摂ってからも体がそこを動こうとしない。
ぼーっと、山と空を眺めていた。





さて、そろそろ気温も上がってきた。
動こうか。



時間を見れば昼前。

あれ?

時間の感覚が全くない。
いったい何時に起きたのか?何時に朝飯食べたのか?
はたまた、ぼーっとしてる時間が長過ぎた?





中途半端すぎる時間、ちょいと川を探して木陰で昼飯。
腹ごしらえが済んだところで、涼しそうな沢を見つけて入ってみた。

SDIM1805.jpg

結構険しい急激な落差のある渓。
魚が居るのか分からないが、釣りをするには気分が高まる。




しばらくは反応なし。
居ないのか?と思ったところで元気に出てきた。

SDIM1791.jpg

SDIM1795.jpg

底石と同じ色。
お腹は真っ白。

この一匹で期待が膨らむ。







が、裏切られた・・・

大場所では全く反応が無い。
ドコだ?



渡れないほど深い流れが続くのに、出てきたのは足首までの水深。
ミノーに黒い影が一直線に走る。

SDIM1813.jpg

SDIM1819.jpg

ようやくだ。
どこに居るのかさっぱり分からない。





ここ最近釣れる魚、みんな落ち着きが無い。
暴れまくって撮影にも一苦労。
なんでだろう?








と、ここで強い日射しに耐えきれず終了。
水分も残り少なくなったし、下界におりることにした。





今回の釣りとキャンプ、なかなか上手くいった。
気持ちよく遊んだうえに心身共に疲労感は少ない。

でもね、まだまだこの遊びを向上させるのです。


  1. 2012/07/17(火) 21:39:31|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

涼しくいこう

たまたま向かった先の近くにmontbellショップが・・・


SDIM1826.jpg

前々から欲しかったモノを我慢できず。

一眼レフカメラ用のドライパック。
今のはサイズがギリギリで出し入れが大変。
プロテクション入りの容量のデカイものにしたら、これがまた良い。
これでカメラ出すのも億劫じゃなくなる。かも?

と、レッグゲーター。
釣り用のは色がやだ。ので、沢登り用の黒にしてみた。
これだけは現物を合わせてみたいと思ってたから丁度よかった。
レッグゲーターがS、ソックスがLという変な組み合せ。
店員さんも『このサイズで本当に良いんですか?』と聞いてきた。
だって良いんだもん、それで。




今度からは涼しく行けるかな?
険しい沢に行きたくなってきた。

でも虫が心配だ・・・

  1. 2012/07/23(月) 18:13:16|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

暑い日には

涼しい沢に!




といきたいところだけど、

SDIM1836.jpg


SDIM1838.jpg

エアコンの効いた部屋でオリンピック見ながら道具磨いております。



無理!暑すぎ!


  1. 2012/07/30(月) 13:32:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

whozzy

Author:whozzy
たぶん釣り好き

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する