knuckle punch

1/2

昨晩の突風&雨は絶望的に思えた。
また休みのタイミングでこれですか・・・




それでもやはり山へ向かっていた。
川をのぞくと濁りは少ないものの水量が微妙に多く入れる場所は限られた。

一旦、岩魚を狙うべく源流域へ向かったが引き返した。
区間は短いけど山女の狙えるところへ。

背丈ほどの薮を漕ぎ、突き進む。



良い流れだけど反応は無い。
やばいんじゃないですか?コレ・・・早くも最終地点が目の前じゃないですか・・・



で、ようやく小型の反応。
あ、居た。



すぱぱぱっ!と流すと

SDIM1590.jpg

SDIM1593.jpg

SDIM1611.jpg

雨子。久々だけにすごく嬉しい。
いい色してるなぁ。
ん?雨子だよね???

腹八分目だけど、もうちょい上へ。



SDIM1629.jpg


あら、大きくなったし山女になったし。
もういいんじゃないでしょうか。

けど、核心部へ。


ありゃま!

SDIM1643.jpg

SDIM1663_20130901193059533.jpg

ランディング手こずって、少しライン巻いちゃいました・・・

けど、良いのが釣れちゃった!
満腹。

こんなに上手くいっちゃって良いのかな?




けど、もうちょっと上。

あれ!
また太った良いのが釣れちゃった。
けど、カメラ出すのが億劫で画像無し。

もう一回だけ投げてみよ・・・






SDIM1702.jpg

SDIM1688.jpg

SDIM1694.jpg

1735.jpg


ほぇ~!
どんどん秋に向かって行ってるなぁ。の雨子。
すごい体高だったし、ものすごく良い顔。

もうお腹ぽんぽん・・・





なのに、最上流で




SDIM1754.jpg

SDIM1742.jpg

こんな山女が出てきちゃって・・・


6尾中、3尾が尺越えって。



たまには・・・こんな日が・・・あっても・・・いいですよね?






そういえば、今日の運勢はすごく良かったなぁ。金運だけど。





ハイパーブレイク、ぐんぐん魚が寄るんですね。
感度も良いから、絶妙なタイミングでバシッ!とフッキングも決まるんです。
ナイロン5lb。やはり、これ以下は使いたくないと感じました。

と、針。
ループノットフックをバーブ削って使ってますが、参ったという感じです。
今度、気が向いたら書くかも知れませんが・・・全ての針を変えようと思います。



夜勤明けで流石に眠いです。おやすみなさい。
  1. 2013/09/01(日) 19:53:18|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あれこれと

えーと針です。

以下、単なる個人の感想です。

SDIM1775.jpg

ループノットフック。

50mmミノーだと前後は無理だなぁ。のでテールだけ。
フロントは同じような針でループアイ作って。

テールを2本針にするとスレ掛かりが増えたので、1本に。
針形状も、ラウンドした形状の針だと口の中から眼球に刺さったりすることが多かった。
この形状は唇に掛かり易い気がする。

でも一番は、針が強い。針先が鈍りにくい。
ボクは前後共に針先を下向きにするから、これ大事。
交換したり研いだりと面倒だから。

あとは・・・感覚的なものもあるし、書かないでおきます。






と、コイツを分解。調整と整備。

SDIM1781.jpg


いまさら?

な訳ではないのですよ。実は。
つい5年前まで15年くらい使ってたんだから。
というか、カーディナルしか使ってなかったから。

当時の相棒はカーディナル33。たぶんオリムピック時代の復刻。
散々手を焼いたけど、いい相棒だった。
最後は調整しようとして破壊しちゃったけど。
パーツ注文するのも面倒で、国産買ったらあまりに高性能で・・・
部品取りにどうぞ。と手放した。

しばらく経ってから『3E』が発売されたけど、触ったら???で。
カーディナルってこんなんだったか?
そんな気分になり、もう戻ることはないと思ってた。

それからずっと気にしないでいたけど、久々に復刻版を触ってみたら・・・
『ジージージー』
これだ。カーディナルだ。

てな訳で、手元にはカーディナル3が。




ちょっと調整すれば歴然と変わる使い心地。




あの頃に戻ったような気分。
  1. 2013/09/07(土) 21:52:17|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ・・・れ・・・

涼しくなって虫が減ったと思ったら、今日は蒸し暑い・・・
気温はそれほどでもないけど汗がとまらない。

秋色の山女を求めて。
と、岩魚が釣りたい…




水は濁りがあった。
夜のうちに雨でも降ったのか、水量も若干多いし。

そう、勝手に思い込んでいた…

それなら好都合と丁寧に撃っていった。

川辺には色のついた落葉。
いつのまにか季節がかわっていたようだ。

SDIM1825.jpg


大場所を目の前にして端を狙ってみると、

SDIM1800.jpg

SDIM1808.jpg

SDIM1802.jpg



魚は居るようだ。


慎重に本命の山女の流れへミノーを流す。

一撃で喰ったが、足元で外れた。

まだ居る。

次も喰った。
が、また足元で外れた。

原因は…
恥ずかしいから書かない…





気を取り直し、ネチネチ狙うとガツンと。

いい引きするから、てっきり良い山女かと思ったら

SDIM1820.jpg

SDIM1821.jpg

ふとっちょ虹鱒。

次も同じように山女かと思ったら虹鱒。





ここで山女を諦めた。



岩魚を狙おうと更に上流に向かったら、濁りが強くて無理。
まさかの工事が濁りの原因と判明。

そうでしたか。






SDIM1830.jpg

もう少しで終わっちゃうなぁ・・・





はっ!

SDIM1832.jpg

これは!

SDIM1836_20130912211122d4b.jpg



また来なくてはならなくなりました。
あっちこっち、行きたい場所があるのに困ったぞ・・・









  1. 2013/09/12(木) 20:22:44|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋雨

台風の影響がでる前にと思ったのに。
朝方ぱらっと降って終わるはずが、ちょっと降りすぎたんじゃないでしょうか?




山に到着する頃には水がひいてる予定だった。
水量は申し分無し。かすかな濁りが大山女を期待させた。

核心部を目前にして、山女を2尾。

が、水が増え濁りも強くなり危険を感じて引き返した。
もう少しだったけど、命に代えるものは無し。



川を変えたが濁りが強い。
上流へ向かい、枝沢に入り、更に上流へ。
ようやく濁りが落ち着いた。

SDIM1905_20130915174513dae.jpg

岩魚にはいい条件。
魚も豊富でヤル気も充分。

SDIM1850_20130915181159b53.jpg


大きいのは居ないけど、引きがいい。

SDIM1852.jpg

来年が楽しみな子がたくさんおりました。

SDIM1868.jpg

この時期に初めて来たけど意外だった。

SDIM1883_201309151748507be.jpg

SDIM1860.jpg

区間を変えてもこんな感じで釣れ続く・・・





さてと。
下の川も落ち着いたかな?

薄ら濁りになった川へ雨降り始めと同時に入る。
水が増える頃には退渓できる流れへ。

予感は的中だった。




が、掛けられず・・・
まさかの失態に凹むばかり。もう集中力がないや・・・

ぽつぽつと山女を釣りながら退渓点へ。



もう駄目なの?
な気分のところでギラン。
もう一度。
駄目か・・・ギラン。
もう一度。
だがもう来ない。

最後の頼みのミノーで頼みのアクション。
変則的な加速するトゥイッチ。
これで喰わなきゃ帰・・・





SDIM1923.jpg

やっぱり喰うんだ・・・

SDIM1918_20130915180207475.jpg

なんだろなぁ、それなりにヤル気があるんだろなぁ。

SDIM1920.jpg

雨のせいで、ほんのり浮き出た秋色が写せなかったのが残念。
その試行錯誤中に脱走・・・

いや、撮影中に2度脱走したけど捕まえた。奇跡的に。
しかし?流石に?3度目は無かった。





今年はあの橙に逢えるのかなぁ・・・無理だな。
  1. 2013/09/15(日) 18:06:32|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のち晴れ

空だけ見てれば昨日の天気がうその様。


SDIM1925.jpg



ずいぶんと水位は下がったが、それでも勢いは強い。
濁りのない支流の更に枝沢。

SDIM1939.jpg

どんどん上流に向かって行った。

普段は釣りなんて出来そうにない沢でも、水があれば良い流れが連続で。
魚の影はあちらこちらで見えた。

川に入るのは困難で、様子見程度で投げたルアーに次々と岩魚。
そんな状況なので写真撮ることも出来ず。


渇水と増水の繰り返しな今シーズン、タイミングが難しい。


これ以上どうしようもないので山の中を散歩。
真っ青の空を眺めたり、地面を眺めたり。
空気は澄んで、空気は冷やっこくて、日射しが暖かくて。

SDIM1943_20130918100704aa4.jpg

うわぁ、たくさん。

SDIM1948.jpg

こっちもたくさん!

今度からスコップ持ってかなくちゃ。
あ、魚も釣らなくちゃ。

禁漁目前にして、なぜか山菜に焦っております・・・
  1. 2013/09/17(火) 20:46:07|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋晴れと暗い渓

急遽、仕事が休みになった。
ウズウズしてたから願ったり叶ったり。

川に到着。
良いタイミングだと思ったのに・・・増水と濁り。
3カ所まわるつもりが2カ所がまったく駄目。
最後の場所がなんとか行けるかな?な位だった。

木々の多い被さる暗い渓。
ゴルジュと大岩のどんどんどん!と落差のある流れが交互に現れる渓で。

ちいさな岩魚と山女に遊ばれながら強い流れを遡行。
今日は大きな渓魚を釣る予定。なので写真はこの時点でなし。
そして、なんとか良いところまで辿り着いた。

さてと。



手前から順に。




大きくないけど、すぐに出てきた赤い帯の山女。

SDIM1973.jpg

SDIM1969.jpg

SDIM1984_201309191547031cd.jpg

この色を見ると秋を実感するなぁ。



で、この後が失態の連続。

大きな秋色山女をポチャン。
そこそこの岩魚をポチャン。
大きな岩魚をポチャン。


・・・


実は、先日からカーディナルに社外スプール装着してた。
ライントラブルが激しいから観察したところ、このスプールが原因ではないかと推測。
今日は純正スプールを使った。結果、トラブル無し。やはりそうか。
が、無駄にラインを使うのが勿体なくて放置してあったラインを巻いてきた。

いつもはトラウトプラッギン5lb。
今日のは・・・どっかの5lb・・・太さ1号。

伸びるの・・・やたらと・・・だから・・・アワセが・・・足りない・・・。

気付くのが遅すぎた。
というか、いつものライン巻いときゃ良かった。


ちょいと休憩し、岩盤のエグレにミノーをどすんと落とし込む。
1・・・2・・・3・・・とジャーク。

どす。

ドラグは目一杯締めて思い切りアワセた。
ぐんぐん引いたけど行かせんよ。
今度は下って滝の中へ。けど行かせんよ。
糸は出ないからね。
引っこ抜いた。

SDIM2010.jpg

がおーっ!とは言ってないな・・・

SDIM1994.jpg

SDIM1995.jpg

でも思ったより大きかった。

SDIM2023.jpg

太くて元気でした。




もうちょっとで終わっちゃう渓流釣り。
悪あがきしてみようと思う。
  1. 2013/09/19(木) 16:14:59|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どっちつかず

興奮してたわりに上手くいかなかったような気がした一日。



狙いをつけた川は濁りが微妙で・・・

SDIM2106.jpg

水量も何故か多くて狙いきれない。
あきらめ半分で投げてたら、ギランギランと。

SDIM2045.jpg

意外と魚はいるみたい。

SDIM2054.jpg

橙を纏った魚。
ここいらじゃ、このくらいの色が限界かなぁ。
でも充分です。美しいですよ。



最後の落ち込み。

SDIM2073.jpg

大っきいのを掛け損ねたあとに。




反応が無くなって上を見ると、
くるみ?

SDIM2094_20130922200106c3f.jpg

足下にてんこ盛りでした。

SDIM2107.jpg

木の実等々、気になるものが多過ぎるこの時期。
うまく切り替えが出来ない。



釣り。
川を変えて、でっかい魚を掛け損ね。



木の実。
ぽつぽつ探したけど、量が微妙。



釣り。
気になる場所に入って、でっかい山女が外れて・・・
でっかい岩魚に喰わせようとしたら、一緒に追ってきた尺岩魚が横取り・・・

という結末。





うーん、次もこんな感じになっちゃいそうだ。






  1. 2013/09/22(日) 20:07:29|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中と地中

なんなんだろう?この水色と量。

SDIM2114.jpg

いつもの水に戻らない。




けど、その水も時として・・・

山女、岩魚をちょこちょこ釣りながら、ここぞのポイントで粘ってみると出てきたりする。
いい山女を喰わせたけどネットイン直前で外れちゃいまして。
サイズもそこそこ、色も橙ないい魚でした。

ある意味では狙い易いこの時期だけど、写真撮るまでには至らないのが残念。
以前は釣れないと思ってた秋という季節。最近は大きな魚が一番釣れる季節になった。




そのまま釣りしてれば良かったものの・・・川沿いにあった、地中の植物に没頭しちゃいまして・・・
獲物を掘り当ててウハウハ。

満足して帰ってきちゃった。








SDIM2099_20130923192203923.jpg


さて、次回が最後。
楽しんで終われれば良いなぁと思っております。




  1. 2013/09/23(月) 19:42:18|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すっと・・・

透明度の高い水が、木々に囲まれた暗い谷に流れる。
最後はいつもここ。

なんでだろうか?

比較的人気のある川だから、このタイミングで釣れないのは分かってる。
けど、どうしてもここ。

SDIM2156.jpg

育ち盛りの岩魚がちょこちょこと顔を出す。
大場所では無反応。
だから小さい場所をこつこつと。


普段は岩魚しか顔を出さない上流部でも、この時期だけは山女も出てくる。
難所がいくつも連続するのに・・・と、魚の力強さを実感。
のぼれない限界ってどのくらいなんだろ?

SDIM2129.jpg

SDIM2125.jpg

ポイントが小さくて、難しくって仕方ない。
けど、こんなのが面白い。



今年、幾度か降った激しい雨が地形を変えてしまったのか、普段登れないその先も行けるようになっていた。
難所であることに間違いはないが。

その先。
何気なく投げると何匹かの岩魚に混ざって大岩魚が出てきてびっくりしたり。
掛け損ねを繰り返し、どうにもこうにも無理で・・・参りました。

SDIM2159_201309282009265ef.jpg



という感じで、大きいのが釣れなくても歩いただけですっきり。
それよりもお腹空いたので退散・・・
初日の釣りを早々に終了した。





腹ごしらえして移動。







SDIM2176.jpg

すっきりな秋の空。空気が澄んで景色よし。

SDIM2195.jpg

至る所に。
ついでに言うと、やたらと竿に興味を示すよね・・・




色々探して山際探索。

SDIM2180.jpg

しっかり成長しております。わくわくですな。

その他、収穫出来たり出来なかったりで一息。

SDIM2184.jpg

あ、いや・・・収穫された山芋のムカゴは、

SDIM2203_20130928201925dbb.jpg

すぐさまおつまみになっちゃう訳でして。
たいへん美味いんですけどね。



そんなこんな遊んでると陽もあっという間に傾いて、

SDIM2210.jpg

SDIM2216.jpg

時間の感覚もまったく分からず晩ごはんの準備。




これが・・・

SDIM2217.jpg

パリパリに表面だけ焼かれて・・・

SDIM2219.jpg

炊きたての新米の上に・・・

SDIM2221.jpg

まるで流し込まれるように胃袋の中へ・・・


(やばい・・・肥える・・・)


問題は・・・

SDIM2225_20130928204656609.jpg

ハタケシメジが入る予定だったのに収穫出来ず。
ので、ネギ汁という残念な結果。
出汁がしっかりしてたから良かったものの基本的に汁です。




満腹酔っぱらい。満点の星空眺めてすっかり夜更け。
もう寝ちゃおうかな?と寝床に入ったものの、時間は19時30分。
お子ちゃまより早い。

でも寝ちゃうのです。











で、すっかり朝です。

SDIM2227_201309282055111d2.jpg

月が出てるけど朝です。

SDIM2251.jpg

朝か昼か分かりませんけど、定番メニューの明太おろしイクラパスタ。これは間違いなし。

SDIM2239.jpg





さーてと、いろいろ川を見てまわったけど流石は土曜日。
シーズン終わることもあって人だらけ。

期待もなしに、クルミ狙いで入った川で、

SDIM2257.jpg

SDIM2259.jpg

この後、またもや大っきい岩魚を掛け損ね。以後繰り返し。



オニグルミ、ヒメグルミをしこたま拾って撤収。







なんとなく満腹になって今季の渓流終了であります。

あ、山遊びはまだまだ続く・・・
  1. 2013/09/28(土) 21:05:51|
  2. 渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

whozzy

Author:whozzy
たぶん釣り好き

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する