knuckle punch

摘む

たまたま休みを取っていたのが良かった。
てしまさんとの時間がうまく噛み合い、ご一緒する事ができた。

『山菜と岩魚』

これを楽しみにわざわざ福井まで来られた。
岩魚はどうか分からないけど、山菜ならなんとかなりそうだ。



あいにく曇天。
でも雨は大丈夫そう。

狙いはまず『タラノメ』。
旬だけあって、あちこちで採られた痕跡があったけどいくつか見つける事ができた。

SDIM3502.jpg

天ぷらに丁度良い頃合い。
てしまさんの目が真剣・・・

SDIM3505.jpg

食材を手にするとサングラスの奥に笑みが・・・

それもそのはず。
山菜穫らないと『山菜天ぷら』が『ちくわの天ぷら』になっちゃうんだから。

食べる分だけの山菜を採り、側の川で岩魚を釣ってもらう。

SDIM3506.jpg

おそらく連日叩かれてるだろうから釣れないと思ってたんだけど、いきなりチビが出てきた。


えーと・・・山菜採れたし岩魚釣れたし、ボクのノルマは達成。てしまさんのノルマも達成。
福井でやりたいこと、小一時間で終了しました!








とはいかないので、一気に大移動。ボクの好きな岩魚の川へ向かう。
の途中でお昼ごはん。

前日に少しだけ準備しておいた山菜と一緒に『山菜天ぷらうどん(冷)』だ。
タラノメ、コゴミ、ヨモギ、ネマガリダケを天ぷらに。
大根おろしに葉山葵とアサツキを添えて。
と、かっこよく書いてるけど、冷凍うどんを地面に落としてしまった。
まぁ3秒以内やったし大丈夫。


SDIM3513.jpg

具、けっこう豪快にのせまし・・・


あらかじめ作ってきた『葉山葵いなり寿司』も。

SDIM3514.jpg


すぐに満腹になった。
てしまさんはまだ食べてる。ボクの倍くらい。

せっかくだからと、たくさん食べてくれたに違いない。
けど・・・


そんなに食べると次に行く川は落差が激しいから大変なのに・・・笑







つづく。
  1. 2014/05/01(木) 14:04:41|
  2. 渓流
  3. | コメント:2

岩魚の谷

ボクは腹八分目。てしまさん満腹。

後。




向かうは岩魚の谷。

岩魚を狙う川は他にも沢山ある。
ロケーションが良いとか、魚が大きいとか、たくさん釣れるとか。
でも、ボクが好きなのはドスンドスンと落差のある川。
考えるまでもなく、強制的に?行き先はそんな川。

たぶん満腹だとツライ。笑

SDIM3527.jpg

序盤は小さい魚がチラホラ見えたり。という感じ。
元気なのが出てきたかと思えば、臆病なのが居たり。
誰かが撃った後なのかと思うような感じ。

と、思ったんだけどね。
一匹目が釣れてようやく分かった。

ここ、水温が異常に低い。手が入れてられないくらいに冷たい水。

でも大岩魚を期待して。



SDIM3520.jpg

全体的に小さいのが多い。
その中からようやくまともなサイズ。
もう一匹居たけど脱走・・・


SDIM3529.jpg

そしてこの直後に、てしまさんのアルセドクライマーが大きく曲がり

SDIM3553.jpg

太いのがドフン。





SDIM3537.jpg

なかなか落ち着きのない魚で撮影に一苦労。

魚の触り方を見てても、好きなんだなぁ〜ってのがよく分かります。釣りも魚も。




この後、もっと釣り上がりたかったけど雨の気配とボクが夜勤という事で短時間で終了。

え〜っと・・・
山菜と岩魚、もう満足でしょ?笑




さらっと書いちゃったけど、まだつづく・・・


  1. 2014/05/04(日) 19:46:40|
  2. 渓流
  3. | コメント:0

雨の恩恵

翌日は雨の予報で、何をして過ごそうかと夜勤中に考えてた。
朝方の天気予報を見ると強い雨にはならないみたい。

ということで、やはり釣りになった。

ボクの帰りが遅いもんだから時間的余裕もなく近場で。
連休でボコボコに叩かれた後に魚は出てきてくれるのか?

風が強くて釣り辛いものの、魚の反応はそれなりに多かった。
雨と若干の濁りのお陰かな?

イワナ、ヤマメ、アマゴと。

SDIM3570.jpg

しかしこのフック、すごい刺さり方する。
そんなところに刺さるもんなんだ・・・って感心。


SDIM3572.jpg

という感じで思ったよりも魚が出てきて『ほっ』とした。

ただ、てしまさんには釣りの時間が短すぎて消化不良だったかも。
ボクには色々と身になる事が多かった。
また少し釣りが変わりそうです。(魚を釣るだけのことではなくて)

今度は九州の渓も歩いてみたいし、色んな魚を狙ってみたい。





しかしですね・・・何より物欲が押さえきれなくなりまして・・・・






どうしよ・・・


  1. 2014/05/05(月) 19:27:50|
  2. 渓流
  3. | コメント:0

もっさもさ

連休って、なんて人が多いんだ・・・山奥でもびっくりするくらい。

山菜か釣りか。どっちもだ。




案外、見落としがちな区間からやってみた。
どうやら魚は流れの中に。

DSC00015.jpg

でもチビだった。
良いのは喰わせ損ねた。

むむむ・・・大移動だな。





狙うはグッドサイズだ。
タイミング的に今しかない。今日はベストなはずだ。
そして居場所も分かっている。

コツコツ撃ちながら進んでいく。
しかし魚の反応はない・・・

分かってる。この連休で散々人が入ってるはずだもん。
そもそも釣れるなんて思っていない。




そして目的の場所に辿り着いた。




居た!

してやったりだ。
太さもサイズも申し分ない。







そっと近づいて・・・














DSC00016.jpg

DSC00019.jpg

ネットイン。


思ってたより成長が早かった。




ボクの中ではナンバーワンの山菜。
予想以上の収穫。





さて、ウドに満足したから今度は釣り。


DSC00029.jpg


竿抜けしてそうな区間を釣り上がると、やはり魚の反応は良好。
要所要所でヤマメが良い感じで出てきた。

DSC00042.jpg


けど後がダメダメ。
いいヤマメをバラして、というかそれはまだ良いとして・・・

ぶっとい岩魚にまで針を外されてしまった。


DSC00027.jpg



久々に、ちょっと凹んだ。

くそ・・・今晩はウドとビールに慰めてもらおっと。





ん?いつの間にかこの子も成長していた。

DSC00051.jpg

これまたビールのお供。
今年は山菜アタリ年だな。


それからもウドとワラビを探しつつの釣り。

DSC00047.jpg

イワナは良い感じで出てくるし、ウドもボチボチと追加。

もっともっと山奥に入り、堰堤をいくつも越えて更にイワナ(と、ウド)を狙ってみる。

DSC00064.jpg

ミズブキもそろそろ・・・いやいやイワナ。





DSC00059.jpg

パラダイス。

DSC00054.jpg

健康的なイワナの楽園でした。




DSC00078.jpg

川が二股になり右手へ。
太陽が傾きかけた頃に魚止めに到着。

ここが最後かな。

DSC00069.jpg


仲良く同じサイズの雄。
兄弟?

DSC00075.jpg

まだ大きいのが居そうだったけど退散。
お楽しみは次回に。




色の濃いイワナ達と苔の多い谷。
今度は左手に入ってみよう。
どんな魚が遊んでくれるのか楽しみだ。

只ね・・・
獣の気配も半端無いのです・・・




  1. 2014/05/06(火) 20:15:51|
  2. 渓流
  3. | コメント:0

左側はどうだった?

早朝から出掛けた。

ちょっと本流でヤマメを狙ってみよう。
と、3投ほどしたら腹の調子が悪くなった・・・

仕切り直そう。

そしてもう一度。と思ったけどやめた。
なんだかそんな気分じゃなくなった。



一気に山奥の行き止まりまで車を走らせた。
そこから歩いて川の分岐点へ向かい、迷わず左手の川を釣り上がる。

さて。

と、カーブを曲がったら大きな堰堤で終了・・・
100mくらいで終わった。

DSC00084.jpg

なんとかその区間で4匹。

DSC00085.jpg

あ〜あ、レンズに飛沫がついちゃうでしょ。

DSC00090.jpg

仕方ないので引き返して右手へ。




相変わらず渓相は良い。
けどあまり釣れない。

こちらは300mほどで魚止め。

DSC00092.jpg

こっちも濃いのがポツポツ。

DSC00107.jpg


しばし考えて、この魚止めを巻くことにした。


DSC00112.jpg

ら、そこは素敵な空間だった。
空が広くて気持ちいい。

それにしても初めての場所はいつもドキドキ。

残雪もあり気温が一気に下がった感じ。


DSC00120.jpg

朱点の濃いのがお出迎え。

DSC00114.jpg


ポコポコと釣れて楽しかったから気にしてなかったけど、ずいぶん歩いたな・・・

と、思った矢先に堰堤が現れて。

DSC00127.jpg

お腹のオレンジが素敵。

DSC00134.jpg

尾鰭の色も素敵。

DSC00135.jpg


この堰堤も越えてみようかと思ったけど、イワナも充分に遊んでくれたので折り返した。
林道でも有ったら楽なのに・・・



一気に下界へ移動。
の途中でちょっとだけ寄り道。

DSC00139.jpg

またしてもポコポコ。



よし。今度こそ下界へ。

あえて連休中に人の多かった区間へ。
イワナは満足なのでヤマメ。

DSC00144.jpg

予想外に高反応で、魚はたくさん居りました。



ちょっと大型を期待してたけど、たくさん釣れたからいいや。

でも何より、魚がたくさんいた。
これは秋まで楽しめそうだ。




  1. 2014/05/09(金) 19:28:22|
  2. 渓流
  3. | コメント:0

レンズとフックを試す

そういえば…
家に古いレンズがある事を思い出した。
ボクと同年代かな?

DSC00152.jpg

EBC FUJINON 50mm F1.4。明るいレンズだ。
これってなんとかならんのかな?

いろいろ調べてマウントアダプターを購入、更にレンズを少し加工。

DSC00153.jpg

スカイライトフィルター「Toshiba」って、こんなん作ってたんだ。
せっかくなのでそのまま使う。

DSC00151.jpg

一枚だけ撮影してみた。
F1.4だけあって、ものすごく被写界深度が浅い。

渓流へ持って行くのはどうかと思うけど、遊びでは良さそうだ。
単焦点、好きだし。

これからじっくり試してみよう。




それとフック。

急にルアーバランスが気になり、ベリーフックをトレブルにして試してみた。
が、バランス以前に魚の口から外しにくいったらありゃしない。

3本中2本が口の中に刺さると四苦八苦。
2匹目くらいでイライラして結局シングルに戻した。バーブくらい潰しておくべきだったなぁ。

DSC00082.jpg

そして外してるうちに針が伸びたり曲がったり・・・

結局は全てループノットフック、若しくはその自作模造品(パクリともいう)に。
スプリットリングに固定されるから慣性が変わるのか?
管付きフックを使うよりバランスが変わらない気がする。フックはずいぶん軽いのに。

いろいろ面白い。







  1. 2014/05/10(土) 12:00:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

足りんっ!

時間と体力が足りませぬ。

朝早く出れば体力が先に無くなり、ゆっくり出掛けると時間が無くなる。
どうしたもんだ?

今日も狙いはイワナ。
ずいぶん入ってなかった川へ入ってみた。

ら、

SDIM3633.jpg

渓相がもの凄く変わってて、撃つ場所が少ない少ない。
堰堤を越えて進むもこっちも同じ。

なんとか小さい場所から出てきた。

SDIM3630.jpg

うーん、魚も居心地悪そう。

という事で、さっさと移動。
人気な川に入ってみた。
さすがにここは魚が少ないだろうな・・・と入ってみたら

SDIM3641.jpg

やっぱり釣れる。
いや、最初だけかも?

SDIM3651.jpg

うーん、さすがに大っきいのは居ないけど釣れるなぁ。
意味不明な調査も完了したので移動。

ずーっと下って本流。
田んぼの濁りが結構入ってるし、水が少ない。
出来るだけ激流、出来るだけ表層で活性のいいヤツだけ狙ってみる。

ったら、

SDIM3669.jpg

長さの割に体高のあるのが出てきた。
その他にも多数。




もうちょっとしたらちゃんと狙ってみよう。
山菜の時期が終わったら。





  1. 2014/05/10(土) 15:03:50|
  2. 渓流
  3. | コメント:0

さすがに

3日連続の渓歩きは仕事に影響しそうなので、そこそこにしといた。

昨日までの2日間がよく釣れたので、今日は山菜メインで。

DSC00178.jpg


魚のほうは人気の場所だけあって少なめ。
難しい所にしか居ないし、喰いは浅いし。

でも、ここでミズブキ採るのが好きで必ずこの時期に一度は入る。

DSC00170.jpg

良い感じに太いのが採れた。

けど足りないので山奥へ移動してミズブキ追加。
ワラビは散々。採りやすい所は全く・・・採れる時期が長いから良いけれど。
最後に極太ウドを捕獲。





さてと、夜勤の日々が始まる・・・



  1. 2014/05/11(日) 18:02:18|
  2. 渓流
  3. | コメント:0

春遊

Casketてしまさん作の動画。
なんか自分の釣り見るのって恥ずかしい・・・

先日の岩魚釣り、2日間が凝縮されております。
採・食・釣。
釣りメインのようだけど、実際は2日間で3〜4時間しか釣りしていない。

そんな中で一匹でも釣れればと思いながらも大岩魚を期待。
でも現実はあまくなくて・・・

そんな中で尺に足らない岩魚がボクに。

SDIM3524.jpg

尺を越えた岩魚がてしまさんに。

SDIM3541.jpg

けど、魚の大きさは二の次で釣りを含めた山遊びを楽しんだ。






まだまだこれから先も、こんな日々がやってくる。





  1. 2014/05/14(水) 10:22:41|
  2. 渓流
  3. | コメント:6

勢い足りませぬ

本流のヤマメ。
といっても上流だけど、そろそろ本格的に狙えるかと向かってみたら・・・

ずいぶんと減水。
田んぼの濁り。

DSC00225.jpg

この程度の濁りなら全く問題無いけど、水に勢いがない。
気分が乗らないまま釣りしてたら、この後どんどん濁って風もやたらと吹いて。

それでもガンガン流れる場所を選んで投げてみる。

ガツンと喰う。
強い流れのいいところに居るのは太い。

DSC00201.jpg

尾鰭は小さいのに

DSC00212.jpg

胴体は太い。
キウイみたいな背中。
その後も下から突き上げるように出てきたり、引ったくったり。

DSC00216.jpg

ギランギランと濁った水の中で光る。
綺麗な魚体ばかり。


一昨日まで雨の予報が出てたから期待したのに・・・晴れ。
雨降ればもっと楽しくなりそうだった。

というか、腹減った。
魚は満腹だけど。

ミズブキ採るのに山奥へ向かう。
けど腹減った・・・

途中、我慢できずにジェットボイルで湯沸かし。

DSC00230.jpg

フリーズドライのカレーに、

DSC00231.jpg

アルファ米。
熱湯を注ぎ保温すると早くて温かいごはんの出来上がり。

DSC00233.jpg

なかなか美味い!けど難点もある。
やたらと喉が渇くのね・・・カレーって。

うーん、今度は麻婆茄子丼にしてみよう。

  1. 2014/05/20(火) 15:31:17|
  2. 渓流
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

whozzy

Author:whozzy
たぶん釣り好き

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する