knuckle punch

鍛えなおしてます

珍しく夜明け前に渓流へ。
ただ早く目が覚めただけです・・・

朝露でしっとりした・・・て書くとかっこ良さげですが、取り敢えずの薮漕ぎスタートでずぶ濡れです。
日が差し込むまでには時間が有りますが、なんとかなるでしょ。

DSC02056.jpg

暗いので色が出てきません・・・

DSC02061.jpg

この流れはこれ一匹でした。
増水したのに、その後は極端に減水した模様・・・

川を変えて。

DSC02074.jpg

これくらいのは結構居ます。
が、目的の魚はドコに・・・

もういっちょ川を変えて。
ついに出てきましたが、掛けられず・・・

終了〜




と、早く帰ってきてしまったので近所の山登ってみました。
靴を変えたので試したかっただけとも言う。

快調に飛ばしますが、昼飯たらふく食った直後で辛いのなんの。
心拍上げたまま持久ってのを頑張ってますが、体調に左右されやすい。歳ですな。

DSC02077.jpg

低い山ですが、案外見晴らし良いです。

ちょうど中央付近に薄〜く写ってる山に登る為に鍛えております。
今現在、不安しかありません・・・



  1. 2016/09/03(土) 15:42:42|
  2. 渓流
  3. | コメント:2

見〜つけたっ

増水しましたが、一瞬でした。

そろそろ狙いの魚を釣りたいところですが、今日も特等席に居たのはチビばかりでした。
デカイのが居そうなのに・・・

どうもおかしい。
もしや?と狙ってみたら、

DSC02085.jpg

見つけた!

これはもらったな・・・と思ったら、カメラのバッテリー切れ。
夜勤明けなのもあってテンション下がって帰宅。



次回はちゃんと充電していきます。

  1. 2016/09/09(金) 16:54:56|
  2. 渓流
  3. | コメント:0

しくじった・・・

秋色の大型ヤマメ狙いに行きました。


何も考えずに釣ってたのが失敗。
ちょいと考えれば魚の居場所は分かるのに・・・

足下からデカイ奴がスッと走り抜けて行きました。

この前入ってたら釣れたんだろうなぁ。


ヤル気消失しましたが、そのまま上流に向かって

DSC02112.jpg


DSC02108.jpg

久々の新品ルアーで緊張しました。


イワナはとっても元気!
  1. 2016/09/12(月) 19:24:07|
  2. 渓流
  3. | コメント:0

増水で濁り

川の様子をあっちこっちと見回ってきました。

予想通りというか、目的の場所は丁度良い増水に濁り。
雨降り出して3日目くらい?なので魚も動いてるはずです。

様子見がてらに何ヶ所か投げてみたら、魚の活性は高い感じ。




ほいっ!と良い色のが。

DSC02141.jpg

この後に同じくらいのがもう1本釣れました。



こっちは?

DSC02118.jpg

良い顔に良い色です。



もう少し釣れそうでしたが、お腹が空いたので退散。
腹が減っては動けません・・・


  1. 2016/09/19(月) 17:39:05|
  2. 渓流
  3. | コメント:0

冒険の釣り

ブルーアースの角ちゃんと源流へ。

今回は日帰りですが、装備満載で進める所まで進みます。
事前にビレイや懸垂下降のレクチャーを受け、エスケープルートや行程の確認も万全で挑みました。

DSC02170.jpg

ハーネス、ヘルメット装着、ロープ2本。食料2日分にビバークの準備。
2人の30Lザックがパンパンで、見た目の倍くらいの重さ・・・

入渓点到着までにシカ3頭。動物の活性も高そうです・・・ので、もちろん熊スプレーは必須です。

当日の天候は、午後から強雨。
予定を変更し、時間を短縮して出発。

竿は殆ど出さずに2時間ひたすら遡行。

DSC02159.jpg

栄養素満点な濃いブナの森中を突き進みます。
何ヶ所かのゴルジュを越え、ようやく竿を。

DSC02166.jpg

魚の活性は良好です。

少しずつ様子を見ながら竿をたたんで遡行、また竿を出してを繰り返します。

DSC02161.jpg

オイシイ場所もすっ飛ばしつつ遡行。イワナの魚群が足下から逃げ惑う。
一体どれだけ濃いんだか・・・

本来なら通過点であったが、今回は折り返し地点とした滝。
雲行きを考えたら出来るのは数投。
焦りつつ投げたら小さな滝壺のわりに魚の数が異常に多く、小さいのが先に食っちゃう・・・
尺越えは何匹か確認しましたが、上から見てた角ちゃんが言うには「鯉みたいなのが居る!」と。
ひとつデカイの掛けました。焦りで外れましたが、そいつじゃ無さそう。

が、時間切れ・・・

雨が強く降り始めてきた。しばらく長いゴルジュを下らないといけないので急いで引き返します。
うーん、みるみるうちに増水。

2人は無言でルート確認しつつ歩いておりました。

一時間半ほど下れば見慣れた川。
ここでは濁流になってましたが水深や石の位置もほとんど頭に入っているので問題無く遡行。

事前の準備と経験による状況判断が大事ですね。


DSC02156.jpg

いろんな意味で、ほぼカメラを出せなかったです。残念。




来年はあの滝の上の楽園へ!源流ゴーマルの夢を見て!


DSC02162.jpg



  1. 2016/09/26(月) 12:10:57|
  2. 渓流
  3. | コメント:4

プロフィール

whozzy

Author:whozzy
たぶん釣り好き

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する